CDP:Functional Firewallパターン

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(クラウドでの解決/パターンの説明)
(実装)
12行: 12行:
  
 
== 実装 ==
 
== 実装 ==
AWSにはセキュリティグループと呼ばれる仮想ファイアウォールがあり、複数作成することも可能である。機能ごとにセキュリティーグループを作成することで、機能ごとのルールを一元管理することができ、機能単位でEC2への適用も可能となる。
+
 
VPCの場合は、動作中のEC2に対してもセキュリティグループを適用/不適用することができる。
+
 機能ごとに仮想ファイアウォール(セキュリティグループ)を作成し、ルールを一元管理する。機能単位で仮想サーバーに適用する。
* Web層、アプリケーション層、DB層など、EC2を機能毎に分類する
+
仮想プライベートネットワーク(VPC)の場合は、動作中の仮想サーバー(EC2)に対しても仮想ファイアウォールを適用/不適用することができる。
* 各層ごとにセキュリティグループを作り、EC2に設定する
+
 
* IPアドレスやポート番号、セキュリティグループ間の通信許可などの、セキュリティグループの設定を行う。
+
* 機能ごと(Web層、アプリケーション層、DB層など)仮想サーバーを分類する。
 +
* 機能ごとに仮想ファイアウォールを作り、仮想サーバーに設定する
 +
* IPアドレスやポート番号などの仮想ファイアウォールの設定を行う。
  
 
== 構造 ==
 
== 構造 ==

2012年4月29日 (日) 03:32時点における版

寄贈したアーキテクト

階層的アクセス制限

目次

解決したい課題

 ファイアウォールを利用した階層的なアクセス制限は、従来のシステムでも通常行われてきたセキュリティ対策である。しかしアクセス制限のルールが多くなると、ファイアウォールの設定も多く煩雑になり、それに伴い運用コストが高くなってしまう。また、ファイアウォールでルールのグループ化ができない場合は、メンテナンスも煩雑になり、ミスを誘発する可能性も高まる。

クラウドでの解決/パターンの説明

 従来、ファイアウォールは専用機器を利用し、グループ化せずにルールを管理することが多かった。グループ化できたとしても、サーバー単位に容易に適用することは困難であった。クラウドではファイアフォールに関しても仮想化されており、より柔軟に設定することが可能となっている。そしてルールをグループ化し、グループ単位での設定や各サーバーへの適用を行うことができるものもある。このグループの単位を機能ごと(WebやDBなど)にすることで、機能に関する設定をグループ内で一元管理できるようになる。仮想サーバーへの適用も機能グループ単位で実施できるようになり、アクセス制限のメンテナンスも容易となりミスも起きにくくなる。

実装

 機能ごとに仮想ファイアウォール(セキュリティグループ)を作成し、ルールを一元管理する。機能単位で仮想サーバーに適用する。 仮想プライベートネットワーク(VPC)の場合は、動作中の仮想サーバー(EC2)に対しても仮想ファイアウォールを適用/不適用することができる。

  • 機能ごと(Web層、アプリケーション層、DB層など)仮想サーバーを分類する。
  • 機能ごとに仮想ファイアウォールを作り、仮想サーバーに設定する
  • IPアドレスやポート番号などの仮想ファイアウォールの設定を行う。

構造

6wNg0ISJczU5Pz1m-3808B.png

利点

  • アクセス制御を階層で行えるため、セキュリティが向上する
  • 機能毎にグループを分けているため、Scale Outを利用した際もグループにEC2を所属させれば、セキュリティグループの設定変更が必要ない

注意点

  • セキュリティグループは論理的なものでいくつも定義出来るが、複雑に作りすぎるとシステムの見通しが悪くなるため、機能グループの粒度には注意する必要がある

その他

個人用ツール
名前空間
変種
操作
CDPメニュー
ツールボックス