CDP:Latency-based Routingパターン

提供:AWS-CloudDesignPattern
移動: 案内, 検索

地域によりWebサイトを変更

目次

解決したい課題

 グローバル展開している製品の情報をWebサイトで配信する場合、ブランディングのために全世界から同じURLでアクセスさせたい。通常は、CDNを利用することで各地域のキャッシュサーバーを用いて情報提供を行うことが一般的である。

 しかし、静的サイトの場合はキャッシュが有効利用できるが、動的なサイト(検索機能など)の場合は、キャッシュ利用に制限が生じる。

クラウドでの解決/パターンの説明

 Webサイトを構成するサーバー群を各地域に用意しておき、同一のコンテンツを保持させておく。次にクラウドのDNSサーバーに、利用したいDNS名を登録し、この1つのDNS名に対して各地域に存在する複数のWebサイトを参照する。さらに、それを地理的に近いWebサイトを返すように設定する。

 Webサイトへの利用者からのリクエストに対して、DNSサーバーは、もっともレイテンシの小さいリージョンへと自動でルーティングするため、エンドユーザーはレイテンシの少ないWebサイトを利用できる。

実装

 Route 53の、レイテンシーを用いて最適なリージョンを選択するレイテンシーベース・ルーティング機能を利用して実装する。

(手順)

  • 配信先の各リージョンに、EC2、ELB、RDS等を用いてWebサイトを構築し、コンテンツを配置する
  • CMSの配布機能、rsync、GlusterFSのGeoReplicationなどで、各EC2のコンテンツを同期する
  • Route 53にDNSレコードを作成する。この際、Routing PolicyをLatencyにし、各リージョンに置いたWebサイトごとにレコードを作成する。

構造

6wNg0ISJczU5Pz1m-07AE5.png

利点

  • 動的なWebサイトであっても、グローバルの各地域からレイテンシを少なくコンテンツを提供できる

注意点

  • 各Webサイト間のコンテンツの同期には、CMSの配布機能、rsync、GlusterFSのGeoReplicationなどの工夫が必要となる。

その他

  • Cache Distribution, Latency-based Originなど参照すること。
個人用ツール
名前空間
変種
操作
CDPメニュー
ツールボックス