CDP:Cross-Region Replicationパターン

提供:AWS-CloudDesignPattern
移動: 案内, 検索
寄贈したアーキテクト

リージョン間のレプリケーション

目次

解決したい課題

リージョンをまたがってバックアップデータを同期したい場合、TCPベースの単純なデータ転送方式(FTPなど)では、RTT待ちのロスにより帯域を活用できない(実効速度が出ない)。

クラウドでの解決/パターンの説明

UDPベースの転送プロトコルや、WAN最適化ツールなどがある。

  • UDPベースの転送プロトコルでは、 Tsunami(UDP) などが利用できる。
  • WAN最適化ツールには、cloudopt など、AWSクラウド上でAMIとして提供されているツールがある。

実装

(手順)

  • 転送元、転送先に、転送制御用のサーバー/クライアントとなるEC2インスタンスを起動する
  • 転送用のバックアップファイルを作成する
  • UDP転送ツールやWAN最適化ツールでデータを転送する
  • データをリストアする

構造

rxzbJ5Jnnmy5iWy9-DEA14.png

利点

  • 転送を行う場合のみ、転送用のインフラを作成することで、コストを抑えることができる。
  • 転送ツールをホストする仮想サーバーの台数やスペックを増強し、データを分割して転送処理の多重度を上げることで、簡単に、さらなる高速化が可能である。

注意点

その他

個人用ツール
名前空間
変種
操作
CDPメニュー
ツールボックス